SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Belly Dance Kimiya Persian Star

発表会&ショー2017
今年もみなさんに支えらて国際アラビアンダンス協会は元気に大活躍しました。
9/9は銀座ブロッサムにてジャスミンフェスティバル160名の生徒様、その先生方14名の演目に、500名以上のお客様が見に来てくださって
東京組発表会も90名の生徒様にくわえ、400名のお客様
横浜組の発表会は10/29に幕を閉じましたがそちらも90名以上の生徒様に400弱のお客様、インストラクターショー、ゲストショーも同じくらいでした。
国際アラビアンダンス協会は国際的なアラビアンダンスを披露するというビジョンがあります。

つまり一言でベリーダンスと言っても踊り方や国によっては曲調も違うのでそれらを少しずつ知ってもらいたいと考えてあります。

これからも沢山のベリーダンスや民族舞踊を紹介出来るよう努力します。

そして参加してくれた沢山の生徒様、先生方、お客様また来年もどうぞよろしくお願いします。

ありがとうございました。












| belly dance | 10:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
☆*:.。ココロ踊るベリーダンス。.:*☆コンペ編
コンペ、それは過去の栄光
貰った瞬間から過去になっていく。

コンペというものを通してこのダンスと向き合うこと、自分と戦うこと、上手に踊る、本物を見せるということを知って欲しい。

別にコンペが大好きというわけじゃない(^_-)

でもコンペ用のダンスを作ってめちゃくちゃ対策しまくる人より基礎を学び、アラブ音楽を肌で感じ、客席にいる人になにを伝えたいのか、何を見せたいのかを考えることができる人が素敵だと思う。
コンペは「審査員の好み」という人もいる
でも違うと思う。



あまりにも差があったらそうかもしれないが、基礎が出来ていて、フィーリングが音とマッチングして美しいフォームが体で表現出来ていたら誰が見ても良い物になる。

だからコンペ用に対策しまくる必要なく自分らしく美しく踊る。

コンペのためにたくさん詰め込んで硬くなって一生懸命さが先に出たらコントロールを失う。


オーラについて質問があって
ちょっと考えてみました。
入った時音と会場と踊る人の空気感を一つになることがオーラだと思うの。

オーラって難しいね!
でも見る人はその踊り姫に夢中になる瞬間が多分キラキラ輝いてるオーラだと思う。


私のお弟子さんは基本控えめな方が多い。コンペなんて…
競うのは好きじゃないという人もいるけれど、コンペを通してメンタルも強くなることそれも舞台に慣れる、みんなの目が怖いというのもあるあるだから
経験するといい。


でも一つ言いたい。
賞を取らなくてもいいです。
自分と向き合った時間が宝石のようにずっと輝くはず。

賞を取っても取らなくていい先生はいつも生徒のことを一番に考えるから。


賞を取って天狗になる人もいる。
賞を取っても過去にしか過ぎない。

そこからまた新たに挑み続けることが大事。
今回はなかなか出てくれないお弟子達が出てくれて



2、3年前出れば誰かしか上位に残り準優勝までは何回かある
8月の台湾コンペで準優勝したNildaに続き、

フュージョンで優勝。プロオリエンタル部門で3位 Yuumi。

上級者オリエンタル部門 優勝福島のお弟子Elnaz
上級者オリエンタル部門準優勝大分のお弟子Asal

グループオリエンタル優勝Yuumi.Saki.Elnaz.Asalの4人グループ
オリエンタルグループ 3位 は
エシュワチーム
Kaori.Yuki.Makiko.Aki
みんなそんなにめちゃくちゃ長くやってる子達ではないし、私の振付か自分達の振付で参加した。だからそれは
決してエジプシャンだとかなんとかじゃなくベリーダンスらしいフィーリングであったり美しいフォームだったり、ソライヤや他の審査員が見て感じる物があったからだと思う。

そうやって真剣にダンスと向き合い続けたひとはプライドが出来て、ショーでも手を抜かないことになりよりいいパフォーマンスを見せることができる。

だから
コンペのためだけに対策しまくるとその後役に立たない訳です。

いつも出せる訳じゃないから。

基礎をしっかり、美しいフォームで、フィーリングを大切に。そして忘れてはならない、ベリーダンスは腰の踊りです。ベリーダンスのフュージョンにでるのも、オリエンタルも全てに置いて腰の動きのないダンスはベリーダンスのコンペに関連性がなくなります。

それを是非大切にしてください。

アマチュアに出た人もその他の人もこれからコンペに出る人も

皆さん、ベリーダンスを研究して自分の個性を大事にしてオーラを出して笑顔で踊って頑張ってください。


そんな私もこれからも真剣にこのダンスを研究して沢山経験を、重ねてみんなの役に立ちたいと思います。










山梨コンペ主宰のジャミーマさん

| belly dance | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
東京組発表会&ジャスミン
日々の流れが早くあっという間に三日間経ちましたが9月9日二つの大イベントが終了致しました。

第5回目のジャスミンフェスティバル
Maysa &Noli
Delyce
Noel
Nisaa
Yoshie
Rhia
Yildiz
Emily Diamond
Gamila
Meg maya
矢口美香
Barbee mako
Aida

そして私。
が出演して、それぞれのスタジオからも生徒さんが参加し沢山のバラエティ豊かな踊りを見せてくれました。
楽しかったですし勉強になるなやっぱり。アイデアはみんな持っているので今後も楽しみですね。
沖縄、長野県からも生徒様が参加してくれて本当にありがとうございました。



チサコさんやカナリさん、かなちゃん、純子さん、Rioさん達も見にきて下さり、
Mihoさんや他のみなさんからも花束頂きましてゴージャスにお出迎え出来て嬉しかったです。ありがとうございました。




そして発表会

発表会は本当に楽しかったです^_^
生徒さんが約100名ほど参加しての30曲となりました。

フォークロアから和べりーフュージョン、ペルシャンなどなど
横浜と東京で分けたのでゆっくり見れて、いつもより短く東京組の人は初めて東京で行われたから沢山の人を呼ぶことが出来てみなさん喜んで下さって良かったです。

今回のテーマのシャイン&シャドーを入れ込んだ切絵も舞台に吊るしながらアーティストの三郎さんにご本人にも切りライブを行って頂きましてとても美しい世界になりました。ありがとうございました。
引き続き横浜組も頑張っていきます。

皆様どうぞよろしくお願いします。











| belly dance | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お誕生日
お誕生日メッセージありがとうございます。
一つひとつ読んで暖かい気持ちになれる自分。幸せです。
ベリー業界ではまだまだ若いと言われている私。だいたい25歳と思われてますがもう良い年になりました。
大人の女性としてより一層努力し深く考え行動出来るように頑張って行きたい。 他人に見返りを求めず、そばにいてくれる人や頼ってくれる人に笑顔と幸せを手助けできるようなことが沢山したい。 子供にも怒らずに大切なことを伝えながら育てるようにしたい。
一緒に踊る人もそうじゃないダンサーもアラブの舞の風の中で輝くように願っています。
大人になるための訓練を30代の10年間でするということだと思っている。だから色んな経験をして行くつもり。
母になってお母さんの大切さや苦労がわかって産んでくれてありがとうって生きてる時伝えたかったなぁと思う。
やっぱり人は愛で包まれているのだなぁ
人の愛を感じて日々暮らすことは平和に繋がる。世界のどこかで苦しんでいる人もいる。
人、生活、環境。支え、応援してくれる人全てに感謝をして生きる。 そんな想いでいっぱいです。

| mina saleh です。 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
台湾
Bossa global belly dance festival
ショーに出演する為に台湾に来ています。
コンペ、ショー、ワークショップ盛りだくさんのイベントで私はkids、フュージョンの審査委員をして生バンドや大人のコンペはTommy Kingらが審査委員を務めました。
そして、コンペではインストラクターのNildaが20名の中から準優勝しましたー
彼女は初コンペ体験し賞を一発で取りました。iadaからはあまり積極的にコンペにでる人は少ないですがやはり日頃綺麗に真剣にダンスと向きあってる人が、多いので沢山の人が挑戦して欲しいですね。

私も海外のダンサーをみて色んなことが勉強になってその経験を上手に活かして生徒様と共有します。

また教室で紹介します。









| belly dance | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |