SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Belly Dance Kimiya Persian Star

<< 東京組発表会&ジャスミン | main | 発表会&ショー2017 >>
☆*:.。ココロ踊るベリーダンス。.:*☆コンペ編
コンペ、それは過去の栄光
貰った瞬間から過去になっていく。

コンペというものを通してこのダンスと向き合うこと、自分と戦うこと、上手に踊る、本物を見せるということを知って欲しい。

別にコンペが大好きというわけじゃない(^_-)

でもコンペ用のダンスを作ってめちゃくちゃ対策しまくる人より基礎を学び、アラブ音楽を肌で感じ、客席にいる人になにを伝えたいのか、何を見せたいのかを考えることができる人が素敵だと思う。
コンペは「審査員の好み」という人もいる
でも違うと思う。



あまりにも差があったらそうかもしれないが、基礎が出来ていて、フィーリングが音とマッチングして美しいフォームが体で表現出来ていたら誰が見ても良い物になる。

だからコンペ用に対策しまくる必要なく自分らしく美しく踊る。

コンペのためにたくさん詰め込んで硬くなって一生懸命さが先に出たらコントロールを失う。


オーラについて質問があって
ちょっと考えてみました。
入った時音と会場と踊る人の空気感を一つになることがオーラだと思うの。

オーラって難しいね!
でも見る人はその踊り姫に夢中になる瞬間が多分キラキラ輝いてるオーラだと思う。


私のお弟子さんは基本控えめな方が多い。コンペなんて…
競うのは好きじゃないという人もいるけれど、コンペを通してメンタルも強くなることそれも舞台に慣れる、みんなの目が怖いというのもあるあるだから
経験するといい。


でも一つ言いたい。
賞を取らなくてもいいです。
自分と向き合った時間が宝石のようにずっと輝くはず。

賞を取っても取らなくていい先生はいつも生徒のことを一番に考えるから。


賞を取って天狗になる人もいる。
賞を取っても過去にしか過ぎない。

そこからまた新たに挑み続けることが大事。
今回はなかなか出てくれないお弟子達が出てくれて



2、3年前出れば誰かしか上位に残り準優勝までは何回かある
8月の台湾コンペで準優勝したNildaに続き、

フュージョンで優勝。プロオリエンタル部門で3位 Yuumi。

上級者オリエンタル部門 優勝福島のお弟子Elnaz
上級者オリエンタル部門準優勝大分のお弟子Asal

グループオリエンタル優勝Yuumi.Saki.Elnaz.Asalの4人グループ
オリエンタルグループ 3位 は
エシュワチーム
Kaori.Yuki.Makiko.Aki
みんなそんなにめちゃくちゃ長くやってる子達ではないし、私の振付か自分達の振付で参加した。だからそれは
決してエジプシャンだとかなんとかじゃなくベリーダンスらしいフィーリングであったり美しいフォームだったり、ソライヤや他の審査員が見て感じる物があったからだと思う。

そうやって真剣にダンスと向き合い続けたひとはプライドが出来て、ショーでも手を抜かないことになりよりいいパフォーマンスを見せることができる。

だから
コンペのためだけに対策しまくるとその後役に立たない訳です。

いつも出せる訳じゃないから。

基礎をしっかり、美しいフォームで、フィーリングを大切に。そして忘れてはならない、ベリーダンスは腰の踊りです。ベリーダンスのフュージョンにでるのも、オリエンタルも全てに置いて腰の動きのないダンスはベリーダンスのコンペに関連性がなくなります。

それを是非大切にしてください。

アマチュアに出た人もその他の人もこれからコンペに出る人も

皆さん、ベリーダンスを研究して自分の個性を大事にしてオーラを出して笑顔で踊って頑張ってください。


そんな私もこれからも真剣にこのダンスを研究して沢山経験を、重ねてみんなの役に立ちたいと思います。










山梨コンペ主宰のジャミーマさん

| belly dance | 19:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bellydance.kimiya-saleh.com/trackback/1465469
トラックバック